E41 東海北陸自動車道

NEXCO中日本

夜間通行止

夜間通行止

東海北陸自動車道全線開通10周年

東海北陸自動車道全線開通10周年

東海北陸自動車4車線化進行中!

東海北陸自動車4車線化進行中!

新着情報
一覧>
2018年10月31日
2018年10月26日
2018年10月19日
2018年10月16日
2018年09月14日
2018年07月24日
2018年07月19日
2018年07月05日
2018年07月04日
2018年06月29日
2018年06月27日
2018年06月26日
2018年06月22日
2018年06月21日
2018年06月19日
2018年06月16日
2018年05月18日
2018年05月15日
2018年05月15日
もっと見る
DrivE41 東海北陸自動車道のドライブして旅する観光情報番組公式WEBサイト DrivE41 東海北陸自動車道のドライブして旅する観光情報番組公式WEBサイト

4車線化工事に伴い、一部区間で走行車線を切り替えます。

4車線化工事の概要

E41 東海北陸道(白鳥IC~飛驒清見IC間 40.9km)は2018年度の完成に向けて4車線化工事を進めています。この工事が完成すると、一宮JCT〜飛驒清見IC間の117kmが全て4車線となります。

東海北陸道4車線化 事業紹介movie

4車線化事業に向けた車線運用

車線運用については下記の地域を選択してください。

車線切替時期・工事の流れ

車線切替時期

4車線工事区間

4車線工事区間

4車線化工事の流れ

中央分離帯の構造変更や舗装工事をおこなうため、4車線化工事の進捗に合わせて走行できる車線が変わります。標識に注意し安全走行をお願いします。

車線切替前→ステップ1→ステップ2→4車線化完成

車線切替前→ステップ1→ステップ2→4車線化完成

今後の車線切替計画

今後の車線切替計画の図
今後の車線切替計画の図
建設進捗・開通予定情報
4車線化による効果

1.渋滞緩和

4車線化により、交通容量が増加し、当該区間の交通集中による交通渋滞はほぼ解消します。

2.交通事故の減少

4車線化により、上下分離構造となることから中央帯突破事故が解消し、渋滞解消に伴う渋滞内の追突事故等が大幅に減少します。

3.通行止め回数の減少

4車線化により、暫定2車線構造に起因する通行止めが解消します。また、片側2車線が確保されることにより、更に雪による走行不能車両のスタックやその排除に伴う通行止めが低減します。

4.物流の効率化

4車線化により、渋滞解消、通行止め回数低減が図られ、規制速度は70km/hから80km/hとなります。これにより、定時制・速達性が向上し、更なる利用の促進、円滑な物流に寄与します。

5.観光の活性化

4車線化により、中部地方からの観光客の利便性が向上し、地域の更なる活性化に寄与します。また、増加する外国人観光客の利便性の向上による更なるインバウンド効果も期待できます。

6.緊急医療の支援

4車線化により、渋滞や滞留車両の発生が解消されることで、現場到着までの時間が短縮され、迅速な救急搬送が可能となり、救命率向上に寄与することが期待されます。

7.冬期交通障害の抑制

4車線化により、冬期における低速車両の走行や排雪等の雪氷作業による交通障害を抑制できます。

交通集中による渋滞回数
通行止め回数
閉じる

白鳥IC〜高鷲IC 現在の車線運用

一部切り替え後(平成30年10月中旬〜)

一部切り替え後(平成30年6月)

暫定2車線(工事着手前)

閉じる

高鷲IC〜ひるがの高原SA 現在の車線運用

一部切り替え後(平成30年10月中旬〜)

一部切り替え後(平成30年6月)

暫定2車線(工事着手前)

閉じる

ひるがの高原SA〜荘川IC 現在の車線運用

一部切り替え後(平成30年10月中旬〜)

一部切り替え後(平成30年6月)

暫定2車線(工事着手前)

閉じる

荘川IC〜松ノ木峠PA 現在の車線運用

一部切り替え後(平成30年10月中旬〜)

一部切り替え後(平成30年6月)

暫定2車線(工事着手前)

閉じる

松ノ木峠PA〜飛驒清見IC 現在の車線運用

一部切り替え後(平成30年10月中旬〜)

一部切り替え後(平成30年6月)

暫定2車線(工事着手前)